近況

レポート全然作れてませんが、色々やってます。
というか、色々壊れてくれてるので笑うしかないです。
備忘録として書いておきます。

サンバー
 オーバーヒート
  サブタンク周辺から水漏れしてオーバーヒート。
  サブタンクを交換するだけではなく、冷却ホース類、パイプ類全交換
  という暴挙に・・・。
  ・・・でも、いろいろな部品が廃番に・・・。
  ついでにキャブレーターもリビルドに。

ムーヴ
 パワステギアラックからオイル漏れ
  ラック変えたら違うところからオイル漏れ
 左フロントブレーキ固着
  分解清掃した中古キャリパーに交換。
 リアホイールシリンダー交換
  シリンダーに傷がたくさんついていたので制研性の新品シリンダーに交換。
 エアコンコンプレッサー交換
  交換したらマグネットクラッチのON/OFFが頻繁に・・・。
 タイロッドエンドブーツ交換
  大野ゴムのは耐久性悪い?純正新品に交換。
 スタビブッシュ交換
  チャイナブッシュは2年ももたない・・。
 リアマフラー修理
  フック根本に亀裂!溶接で修理。
 フロントマフラー交換
  ボルトが折れた。錆がひどいのでL900Sターボのマフラーに交換
 タイヤ交換
  4輪新品に。BSの安いやつ。
 ポジションランプ
  切れてたからLEDバルブに。
 車検
  クルマ屋に任せて・・・。高かった。

シルビア
 冷却水沸騰音?ガスケット抜けた?
 アイドリング不安定
 バキュームホースの吸気音の謎

ズーマー
 1万円で手に入れた!
 現在の主たる足。

カーボンラッピングシート

ともろん号(L902Sムーヴカスタム)

・カーボンラッピングシートのその後

ボンネットに貼ったアストロプロダクツのカーボンラッピングシートが痛んできた。
貼ったのは2014年4月だからざっと4年前。

最初に異変に気付いたのは1年ぐらい前で、ウォーシャー液のシミが取れなくなった。そして走行してボンネットが温まるとダクト横あたりが空気が入ったようにボコボコに見えるようになってきた。
そうこうしているうちにそのウォッシャーのシミ部分が割れてきた。
その後、他のボコボコに見えていたところもひび割れができ始めた。
つまり状態をきれいに保てていたのは実質3年ということになる。
青空駐車でロクに洗車もしない状態で3年もてば上出来かな。安いシートだし。

予備のボンネットにも貼って4年保管してるけど貼った時のままきれい。
近日中にこいつに付け替える予定。

ちなみにボンネットから1年遅れの2015年8月に貼ったルーフ周りのシートは現在3年足らずだけど、今のところ異変なし。

劣化具合に差を感じるので、もしかしたら、ウォッシャーやエンジンルームの熱による影響が劣化をより早めているのかもしれない。
予備のボンネット裏に遮熱シート貼ってみようかなぁ。

エンジンオイル

ともろん号(L902Sムーヴカスタム)

・エンジンオイル交換

いつものように上抜き。
今回は一晩放置したうえで抜いたのでいつもより多く抜けた。約3L。
使うオイルもいつもと同じカストロールGTX DC-TURBO 10W-30。
フィルター交換はなし。

走行距離 171039キロ
着実に20万キロに近づいてます。あと何年乗れるのかなー?

カーナビ(Carrozzeria AVIC-VH9990)

ともろん号(L902Sムーヴカスタム)

・カーナビ交換

オークションで安く手に入れたCarrozzeria AVIC-VH9990へ交換。
1DIN+1DINタイプのセパレートモデル。DVDとDiv-Xが再生できてセパレート、そして地デジが見れるのはこのモデルが最後。2011年当時は30万円ほどしていたカーナビ。
最近のiPhoneなどのスマホの接続はちょっと不得手だけど、現状ではそんなにスマホを接続することもないので問題はない!ってか地デジとDiv-Xで事足りてます(笑)

モニターのフロント液晶の表示不良というもので、思いのほか安く購入できました。

フロント液晶は単純に接触不良なので、フロントパネルを分解して、液晶ユニットの接点に接点回復剤を塗ってしっかりきれいにするだけで直る~。
ヤフオクとかで修理したフロントパネル売ってるけど、構造はそんなに難しくないので表示がおかしくなっている人は接点を掃除してみてください。


フロントパネル横のネジ2本、底面のフタを取り外してケーブルクランプを持ち上げてケーブルを抜いて、フロントパネルをナナメにコジれば外れます。

パネル裏側の銀色のネジ2本、黒色のネジ2本と黒い枠(?)みたいなものを外して、小さいケーブルも外してしまえば基板が取り出せます。
AUX端子も一緒に取り外しましょう。
液晶ユニットは「への字型」のカシメをラジオペンチなどで曲げてまっすぐにすれば外れます。基板側の端子部と、液晶側の端子部(白と黒のゴムみたいなところ)を接点回復剤をしみ込ませたウエスなどで拭きあげればOK。おそらく真っ黒になると思うので黒くならなくなるまで磨いてください。

よく乾燥させて組みなおせば液晶は復活するはずです。への字型のカシメはしっかりと。あとは液晶表面にホコリなどがついてないか入念にチェックしましょう!

話がそれましたが、クルマへ取り付けていきます。

セパレート式なのでケーブルは長めに設定されているようで・・・・長すぎて邪魔(--;)収納場所に困るがな。
キツキツにならない程度に短縮して使わない配線も間引きます。
地デジアンテナは前のやつも同じCarrozzeriaなのでそのまま再利用。

無事装着できました。
下側の2DINスペースは1DIN分余るので手持ちのDINケースを組んでおきました。
ナビ本体部分が若干飛び出る形になるので前席を移動する時は気を付けないと・・・。パネルにひっかけてロック部分を破壊してしまいそうです。
それにしてもさすがは高級機のサイバーナビ。
エントリーモデルの楽ナビとは画質も地デジの表示スピードも違います。
カーナビとしてはほとんど使わないと思うけど、大満足です♪

ラゲッジランプ

ともろん号(L902Sムーヴカスタム)

・ラゲッジランプLED化

ラゲッジランプをLED化しました。単純に電球入れ替えただけでは明るくないのでFLUX LEDを15個使ってで全面発光するようにしてみました。
18mAのCRDと整流ダイオードも使って保護機能もつけておきました。

明るさバツグンです。