スパークプラグ

のりすけ号(L900Sムーヴカスタム)

・スパークプラグ交換
L900S後期は純正指定ではプラグギャップ0.9mmのものが指定されているのに1.1mmのものが装着されていた。なんとなく嫌なので純正指定の0.9mmのものに交換。モノタロウで別の部品とまとめて購入。

NGK BKUR6EK-9 3本 539円/本 (2017.12現在税込)

こんな感じのダブル電極タイプ。

交換はインタークーラーを取り外して・・・

プラグカバーを外して・・・

コネクター抜いて・・・
コイル外して・・・
プラグを外して元に戻せば完了!
外したプラグも違和感はない。

ただ、3番シリンダーのコイルのカプラーのツメが1個なかった。

ロックされずスカスカなので振動でズレた時に点火不良起こすんじゃないかと思ってタイラップで抜けないようにしておいたけど・・・根本的な修理が必要かもしれない。

プラグ交換でも振動は直らず・・・。
やっぱエンジンじゃないんだろうなぁ・・・。

オイルプラグ

のりすけ号(L900Sムーヴカスタム)

・オイルプラグ交換
ヘッドカバーを交換してもオイル漏れがおきている・・・。
しかもエンジンの左側部分だけ。
EF-DETはNAエンジンだとVVTiがつくところにメクラフタがしてある。ここのOリングがダメになっているようだ。
Oリングだけ変えればいいか・・・と思っていたら、プラグそのものが樹脂製から金属製に変更になっていた。熱で変形しちゃうのかな?
せっかくなんで対策品に交換してみる。Oリングもついてくるし。

プラグ 90043-39136 1089円(2017.12現在税別)
交換は簡単。

10ミリのボルト1本で固定されているだけなので取り外して入れ替えるだけ。
めちゃ簡単。

これでオイル漏れは直りました。

取り外した古い部品。樹脂製だけど、目視では歪んでいたり痩せているようには思えないのでOリングだけの劣化だったんじゃないかと思います。

エアコンパネルのノブ

のりすけ号(L900Sムーヴカスタム)

・エアコンパネルの操作ノブ交換
3つとも全部割れて空回りするようになっちゃってた。
この型のムーヴやMAXなんかはみんな割れてるみたい(^^;)
中古は狙わず新品で。少し値段するけど遠回りするよりいい。
大きいの2つ、小さいの1つの計3つ。
大きいのは左右とも共通です。

ノブコントロール(小) 55905-97501 510円(2017.12現在税別)
ノブコントロール(大) 55905-97502 840円/個 (2017.12現在税別)
交換は引っこ抜いて差し込むだけ。
これで快適なエアコン操作ができます♪
割れてる人は新品に交換しちゃいましょう!

スロットル&ISCV

のりすけ号(L900Sムーヴカスタム)

・スロットル&ISCV交換
Dレンジでのアイドリング時の振動がひどいため原因を探ることに。
エンジンマウントは交換済みなのでエンジン制御関係を点検。
ついでに部品交換をすることでの変化を見てみることにした。
アイドル制御で一番怪しいのはやっぱりISCVとバキュームホース。
ヘッドカバーに刺さっているバキュームホースは前回掃除したので、次はISCV。
スロットルも汚れまくっていたので、丸ごと交換してみた。
もちろん新品なんて買えないので見た目の程度がよさそうな中古を購入。

スロットルを取り外したところ。ブローバイでベットリ・・・・。
キャブクリーナーで見える範囲だけだけど、きれいにしておきました。

ISCV部を取り外して中を見てみる。
取り外したやつは真っ黒にススけていたけどこれは結構きれい。
でも、汚れは排除しておきたい。

キャブクリーナーで清掃。簡単にきれいになりました。
ロータリーバルブもスムースに動くようになった。


ガスケットアイドルスピードO 22215-97401 342円(2017.12現在税別)
ISCVのガスケットは新品を用意。

取り外したものは、ご覧のように伸びてしまって使い物にならなかった。


新品だとこんなにピッタリ!安い部品なのでケチらず新品にしましょう。

こんな感じでにしあがりました。


スロットルのカーボンも徹底的に落としてきれいになりました。
裏側の黒く見えるところはカーボンではなくてバタフライに元からついてるモリブデンコーティング。密閉性を保つためについているらしいんだけど、ちょっと少ない?スロットルコートした方がいいかなぁ・・・
スロットルとインマニ間ののガスケット。こちらも再利用不可なので新品に。安いしケチらず。やわらかいメタル製です。
ガスケットスロットル 22271-97201 270円(2017.12現在税別)

先にヒーターホースを付けておくと作業がラクです。
インマニとドッキング!
カプラーやホース類を元に戻す。
バキュームホースの径が違う・・・。年式によって数種類あるみたい・・。
仕組みそのものは変わらないので、径を変換するアダプタを使って接続して対応。
最近こういうショートパーツとかってオートバックスにも売ってないのね・・。
交換後エンジンを始動。
アイドルのふらつきは減ったように思うけど、Dレンジのガタガタはほんのちょっと良くなった程度。
原因は他にあるようだ。もしかしたらエンジンじゃないのかもしれないな。
ステアリングラックが共振してるだけなのかも・・・

色々

のりすけ号ムーヴ(L900S)
・オイルパンシーリングやり直し
オイルの交換距離がきたのでオイル交換!!
ついでに前々から漏れていたオイルパンも外してシーリングします。
とその前に・・・ボンネットを支える棒のステーを交換。
前回折れてしまったので。

フロントをジャッキアップして馬に載せます。
オイルを排出。
オイルパンを外すためにフロントパイプ・ATとの繋ぎのステーを外します。
後はエンジンをジャッキで少し上げて傾けておきます。
オイルパンのネジを外していきます。
オイルパンカッターを突っ込んで外しますが・・・
2回程コネたら外れました(汗)
シールがついてないって事ですね。
エンジン側とオイルパン側を良く掃除します。
シールのカスも綺麗にします。
その後液体ガスケットを多めにオイルパンに塗って取付け!!
半日程乾かしてからオイルを入れましょう!
その後、オイル漏れが止まりました。

・オイル交換
オイルパン外して排出したので入れるだけですね。
オイルはカストロールGTXターボ2.3L使用。
オイルエレメントも交換。

交換距離11万7477キロ

・ATF漏れ修理
この間交換したラジエターのATFラインからオイル漏れ。
工具が入らないので一度ラジエターを外します。
なので冷却水排出。
ラジエターを取り外してATFラインを締め直し!
元に戻してクーラント入れてエアー抜きして完成です。
その後、ATF漏れは止まりました。