2次エアチェック

たくちゃん号(PS13シルビアK’s)

・2次エアチェック
コイルは大丈夫だったので、次は2次エアを疑う。
インマニやパイピングジョイントなどにパーツクリーナーを吹きかけてみるが、アイドリングに変化はない。
う~ん・・・・エア吸ってるわけじゃないのかなぁ・・・・と、よくエンジン音を聴いていると「シューーーー」って音が聞こえる。

スロットルを一瞬開くと「シュッ」という大きな音がはっきり聞こえる。
どこからかエアを吸っているようだ。
前はこんな音してなかったぞ。

色々しらべていくと、キャニスターにつながるホースから音がしていることが判明。キャニスターへ行くホースにメクラをすると音がしない。
原因はキャニスターなのか?

そういえば・・・・BNR32でキャニスターから吸気音がするってYoutubeの動画を見たことがあった。そのクルマの原因はキャニスターではなく、スロットルバルブとのこと。(参考リンク:https://youtu.be/I18G1RWqdWo
同じような音がしてるんだよね・・・・

ん~~~そういえば・・・エンジンオーバーホールした時にスロットルバルブ、めちゃ磨いたな(--;)

早速スロットルを取り外します。この辺をバラすのは簡単♪
水ラインがあるのでサージタンク内に水を入れないように注意するだけ~

取り外したスロットルのバタフライを見てみたら。ピカピカ。
バタフライのフチについているはずのモリブデンコートがない。
OH!モリブデンコート塗り忘れ!!!
スロットル全閉でも
照明に向けてみたら、めっちゃ隙間あるがな・・・・・・。

ちなみにこちらはオーバーホールの清掃前の写真。隙間がちょっとしかない(この隙間もあっちゃダメなんだけど)違いわかります?
下の写真はバタフライのフチにモリブデンコートが残っていて隙間がふさがっています。上はそのコートがきれいさっぱりない。
こんだけ隙間あったらエア漏れるわ・・・。
はい、単純に処理し忘れです。

そこで登場するのがこちら。TOMEIパワードのスロットルコート!
定価3400円です。
速乾性のモリブデンコートです。
スロットル以外にも簡単にモリブデンコートができる使える便利なやつです。

キャップを開けると濃いグレーのサラサラした液体が。
キャップに大きなハケがついているけど、でかすぎて使いづらい。

ってことで小さめな筆を用意。すぐ乾いていくので使い捨てです。

早速塗っていきます。塗る前に缶をシェイク!モリブデンが沈殿しているんでね。
裏面(サージタンク側)はしっかりと塗布。塗ってるそばから乾いていくので乾かしては塗り・・・を5回ぐらい繰り返しました。

めちゃくちゃサラサラした液体なので広範囲に広がってしまう・・・・。
もったいないので塗り広げますw

インテークパイプ側はバタフライの外周あたりだけ。
スロットルポジションセンサーが分厚いのに気づいた方はマニアですね。
うちの車は元々ATだったので、AT用のスロポジがついているんです。

バタフライ横側も薄く塗布。すぐ乾くので乾くまでスロットルはあけたまま。

さて、光にかざしてみると、バッチリふさがってます。
これで改善してくれるといいんだけどな~
梅雨入りしてしまって雨で作業ができません・・・。

ちなみにスロットルコート、使い切れる気がしません。
他のクルマも施工しとこうかな~

バッテリーターミナル端子

たくちゃん号(PS13シルビアK’s)

・バッテリーターミナル端子

プラス側にクラックが入っていた・・・。
めいいっぱい締め切った状態でグルングルン回る(^^;)コレハイカン
上側も割れるのは時間の問題と思われる。
さぁ・・・どうしてやろう?端子だけ付け替えるかなー?

ダイレクトイグニッションコイル

たくちゃん号(PS13シルビアK’s)

・ダイレクトイグニッションコイル点検&清掃
プラグが真っ黒な理由を探るべく調査。
コイルを外して点検と清掃。
コイルの抵抗を計ってみるとどれも同じぐらい。
予備のコイルと比べてもそんなに大差がない。
プラグと接する部分のスプリングを少しヤスリ掛けして接点回復スプレーを吹いて拭きあげておいた。
ゴム部分の内側にもシリコンスプレーを塗布。
リーク痕らしきものは見当たらなかったのでコイルは正常なのではないかと思う。
まぁ・・・コイルがダメやったら4本ともダメになるってことは考えにくいだろうから掃除したってことで。

プラグチェック

たくちゃん号(PS13シルビアK’s)

・スパークプラグ点検
なんとなくフィーリングが重いのでプラグを点検してみた。

なんか・・・真っ黒。濃すぎじゃね?
コイルがへたってるのか?
それともどっかエア吸ってるのか?
負圧が400しかないのも気になる。
そしてなんでか1本だけプラグトップの色が違う。4本セットで買ったんだけど、取り付ける時には気にならなかったんだが・・・・・・

インマニ

たくちゃん号(PS13シルビアK’s)

・インマニ取付
ヒーターホースもウォーターパイプ加工も終わったので取り付けていきます。
その前に、まずは手っ取り早く付けるために一工夫。
作業をされたことがある方はご理解いただけるかと思うんですが、S13ってインマニを外すのにえらい手間がかかるんですね。
サージタンク下のステーやらが入り組んでいるんです。
特にAACバルブを整備する際にインマニをサージタンクごとごっそり外さないといけないので面倒くさいんです。

そこで今後の整備性を向上させるべく工夫をします。
インマニとエンジンの接合部はエンジン側両端にスタッドボルトがあります。
こいつがあるがゆえにインマニを取り外すためにサージタンクまで外さないといけません。
このスタッドがなければすんなり脱着できるんです。
ってことで、スタッドを抜いてボルトに差し替えます。
ダブルナットでさくっと外します。

ウォーターパイプをつけます。各所は仮止めにして位置をしっかりだした後に本締めします。

続いてサーモスタットを取り付けます。
ジグルバルブが上にくるようにセットします。

そしてパイプに液体ガスケットを塗って取り付けます。

今回使った液ガスはこちら。スリーボンド1207D。
1215なんかに比べてちょっと粘度がゆるいかなぁ・・・
モノタロウで安かったんでつい。硬化に時間かかるけど問題ないでしょう~

サーモがついたので、サージタンクをつけます。
スタッドボルトがあるとインマニもセットで工夫しながらつけないといけません。
でも、スタッドボルト抜いてるから楽勝♪
サージタンクとインマニ間のガスケットはこちら。安いので新品いっときました。

ちなみにインマニとエンジン間のガスケットはこちら。こちらも安価なので新品いきます。

作業中の写真が極端に少ないですが、組みあがりました。
LLC入れてエア抜きして完成です。
40キロほど走ってみたけど漏れていないようです♪やっぱ純正だな!

(2018.6.19追記)
組んでから走行300キロ。約1ヶ月。
水漏れは今のところナシ。純正ホースはやっぱり安心!!